フィリピン留学プロ

TARGET Global English Academy(TARGET)┃フィリピン・セブ島

ターゲット(セブエリア)

TARGET Global English Academy(TARGET)

  • 【TARGET】女性 TARGET5コース 1人部屋 12週間 体験談

    ■フィリピン留学を選んだきっかけは?
    テレビで、フィジー留学の番組を観た。
    単純に行きたいと思った。
    地球の歩き方で、セブにも語学学校がたくさんあると知った。
    他の国と比べて安かった。

    ■この地域を留学先に選んだ理由は?
    直行便があり、便利。
    たぶん、都会だと思ったから。

    ■出発前の英語力は?
    Low beginner
    30年前に卒業した高校英語は、常に赤点。
    ただ、大人になってから、イギリス人と結婚した友人の語学教室のサクラとして3年くらい、英会話教室に通ったことあり。

    ■出発前の不安点は?
    空港で出迎えの人と会えるかどうか。
    このくらいでした。

    ■不安点は留学中に解消されましたか?
    空港で無事に会えてすぐに解消。
    セブの空港で、あんなにたくさんの学校から迎えに来ていると思わなくて驚いた。
    また、1回の出迎えで、15人くらい同じ学校に行く人がいて驚いた。

    ■出発前のフィリピンはどんなイメージの国でしたか?
    貧しい。
    私が子供の頃の昭和のイメージ。
    不便。危険な国。

    ■実際のフィリピンはどんな国でしたか?
    大都会。
    活気があって、何でもある。
    日本食にも困らなかったし、手に入らないものは無かった。
    治安についても、慣れれば問題なし。
    ただ、夜間に独りで歩かない、夜間に独りでタクシーに乗らないなど、気をつけてはいた。
    グループなら問題なし。
    離島は、昭和の雰囲気。セブよりキレイだし、安全に思った。

    ■この学校を選んだ理由は?
    マンツーマン授業の多さ。
    閑静な住宅街とのことだったので治安面で。
    独り部屋が安かった。

    ■この学校はいかがでしたか?
    閑静な住宅街は、騙されたと思った。
    ニワトリが夜中鳴いて、始めの二週間は、眠れなかった。
    学校からカントリーモールへの商店街も、始めは怖かったが、慣れれば、夜8時くらいまでなら独り歩きも大丈夫だった。
    買い物も便利で、立地は良いと思う。
    設備は、新しい、便利とは言えないが、問題は無かった。
    マンツーマン教室が場所によって寒かったり、うるさかったり、臭かったりした。
    食事も私は、問題無かった。
    中には、食事が不味くて食べられない人もいたが、バカ舌でよかったと思う。
    胃も丈夫なので、お腹もこわさなかった。
    月に1~2人は、入院する人がいた。

    ■講師の教え方や発音はどうでしたか?
    若い先生が多く、経験も浅い先生が多いように思った。
    講師は、いつでもチェンジが可能なので、かなりチェンジしている人もいたが、私は、若い先生でも、人間関係を作って熱心に教えてもらえたと思う。
    始め、チェンジしようか迷った21歳の先生は、本当によい関係を作れてよく教えてもらった。発音も問題無し。
    後半は、発音を集中して学ぶことが出来た。
    グループクラスの先生は、よく訓練されている。
    私も模擬授業の生徒役で連れて行かれたので知っています。

    ■英語力は留学前と比べて成長しましたか?
    もちろんです。
    「私は、英語を話せます。」とは言えませんが、特にリスニング力が伸びました。
    英語が通じなかったら…という不安がなくなりました。
    通じなくも大丈夫。笑えばいい。

    ■この学校はどのような方に向いていると思いますか?
    私のバッチは、30前後が多く、みんな、ワーキングホリデーのために1~2ヵ月でカナダやオーストラリアに旅立って行きました。
    また、最近は、台湾人やベトナム人が増えています。
    仕事をリタイアしてから来ている人もいました。
    少し年齢の高い人が多いように思います。
    3ヶ月以上の滞在は、少なかったです。
    3ヶ月以上いると、バッチが居なくなって寂しいです。

    ■留学中の一番の思い出はなんですか?
    ■フィリピン留学で一番大変だったことはなんですか?
    ■大変だったことはどのように克服しましたか?
    この質問に関しては同じ答えです。
    留学1ヶ月目に通信と辞書として持って行ったタブレットが壊れたことです。
    充電が出来なくなってしまいました。
    充電器の問題ではなく、本体がダメになりました。
    日本の販売元に連絡したら、GWで出ない。絶望しました。
    学校から借りた辞書は、小さな字の本。昔の留学生は、これで勉強したんだとおもいました。
    紙の辞書で勉強を続けていくのは困難だったので、フィリピンでスマホを買いました。
    何を買ったらいいかわからないし、不安だらけ。
    先生に相談したら、「私の生徒でここで、スマホを買った人がいるから紹介する」と言われ、会った人が、スマホの買い物、設定と協力してくれました。
    彼女が居なかったら途中で帰ってしまったかも…。
    その後、2ヶ月間、彼女とは年齢も全く違ったのにベストフレンドとなりました。
    タブレットが壊れなかったら彼女とは食堂で会う日本人のひとりだったことでしょう。
    カントリーモールのスマホ屋さんも親切で、いろいろ設定してくれました。
    フィリピン人の優しさ、真面目さを知る機会となりました。フィリピン人に対する恐れがなくなりました。
    彼女を紹介してくれた先生とも、私達は、深い付き合いとなりました。

    ■1か月のお小遣いは幾らでしたか?
    かなり、使ってしまいました。
    毎週末のお別れ会、小旅行などなど。
    計算したら3~4万/1ヵ月でした。
    スマホを買ったのも痛かった。

    ■週末はどのように過ごしましたか?
    まず、金曜日の夜は、食事会。ありとあらゆるレストランに行きました。
    土曜日は、必ずお出かけ。
    後半は、お金が無くなってきたので、ジプニーを使ってマクタンまで行ったこともあります。
    各語学学校が出しているブログとかで情報を仕入れていました。
    日曜日は、クリスチャンなので、午前中は、現地の教会へ。
    カティプナンまで毎週タクシーで行きました。
    最後の頃は、仲良くなったフィリピン人の友人と礼拝後にランチに行ったり、送ってもらったりしました。
    学校外にコミュニティを持てたので、よい経験でした。
    午後は、行きつけのカフェで勉強して、夕方、マッサージに寄って帰ってくるような週末の過ごし方でした。

    ■この地域のお勧めの観光地は?
    ボホール島、マクタンシュラインのお土産物屋さん、コロンストリート。

    ■海外生活で得たものはなんですか?
    度胸。友人。人と繋がっていることの心地よさ。

    ■持っていくと役立つもの、持つ必要の無いものは?
    ・役立つもの: 辞書は、電子辞書と、スマホにインストールした辞書の両方。
    私のように、タブレットだけだと、壊れたときが大変です。
    電子辞書は、あった方がいいです。
    SiMフリーのスマホ。海外で買ったスマホは、日本で使えないものが多いです。私が買ったものも使えません。
    世界は、SiMフリーです。台湾人は、SiMを買って自由にスマホを使っていました。日本がスマホの世界でこんなに遅れている国だとは、知りませんでした。
    日本は、鎖国状態です。フリーWi-Fiも、日本は、遅れています。フィリピンは、便利でした。
    ・必要ないもの: シャンプーや生理用品など、日本製がいいと思って持っていったけど、日本と変わらないクオリティのものが手に入ります。現地調達で十分です。
    意外とクレジットカード。無いと不安だけど、使うのも不安。お金は、現金と国際キャッシュカードで現地通貨にした方が安全です。
    ATMがよくお金が入っていないことがある。
    1回に引き出せる金額(10000ペソか、5000ペソ)が決まっている。意外と手数料(200ペソ)が高い。
    200ペソあったら2回ジョリビーでご飯食べられる。

    ■先輩としてこれからの留学生へアドバイスをお願いします。
    ワーキングホリデー、又はアメリカ、英国などに行く前に2~3ヶ月勉強するのには最適です。
    それ以上の滞在は、バッチも居なくなってしまって飽きてしまう人が多かったです。
    2ヶ月以上滞在する方は、洋服なども、日本から持って行かずに現地調達をすすめます。
    水が汚いせいか、キレイに洗濯出来ません。
    日本人の多い学校に入ると、日本人とは、どうしても日本語を使ってしまいます。
    それが嫌な方は、外国資本が良いかと思います。
    ただ、食事とか苦労するかも知れません。外食できるcityの学校なら問題ありませんが…。
    私は、ストレス解消に日本語を話していました。日本語の無い世界にいきなり飛び込んだらダメだったと思います。
    私にとって、教会でクリスチャンのフィリピン人と英語で話すことは、とても良い勉強になりました。
    学校外にも信頼できる現地の友人ができると留学生活が楽しくなるでしょう。
    私は、また、彼らに会いにいきます。
    フィリピンは、臭いとか、清潔感とかに敏感な人には向いていません。
    便座のない摩訶不思議なトイレに出会っても笑い飛ばせるおおらかさが必要です。
    私は、フィリピンとフィリピン人が大好きです。

  • 【TARGET】女性 8週間 体験談

    TARGET というセブにある日本資本の学校に2カ月間行ってきました。フィリピン留学プロさんのおかげで快適なセブライフを送ることができました。

    私は、1日5コマのマンツーマン、2コマのグループ、1コマは空きのコースを選びました。TARGET はマンツーマンが多く、8コマフルでマンツーマンということもできます。

    先生によって教えるレベルのばらつきがあるので、先生を替えて自分に合った人を探すのをオススメします。自分に合った人をみつけられれば期間は短くても確実に英語力は延びると思いました(^^)

    休みの日も友達とご飯にいったり、ときには先生と一緒にいったり、伝統のお菓子の作り方を教えてもらってつくったり、ととても楽しい時間をすごせました。

    勉強環境も、自習室や食堂があるので周りに影響されて普段自習できない私もしっかりと自習することができました。日本資本で生徒は全員日本人です。なので授業以外は日本語を使ってしまうので、それがいやだという人はやめたほうがいいです。

    あたしの場合はそれがストレスになると考えたのでとても合った環境でした。学校の敷地もビルではなく、オープンな作りになっているので開放的なかんじで無駄なストレスを感じずに勉強することができました。

    現にリピートして来ている人もいたので、TARGET おすすめします(^^)

  • 【TARGET】女性 TARGET5コース 6人部屋 8週間 体験談

    ■この都市を選んだ理由は?
    治安、周辺環境共に問題がなさそうだったため。

    ■その学校を選んだ理由は?
    授業料の安さ、寮の綺麗さ(別館のみ綺麗でした)、周辺環境から選びました。

    ■出発前の英語力は?
    単語を発し伝えられる程度。
    簡単なセンテンスのみ。

    ■出発前の不安点は?
    特にありませんでした。

    ■この学校はいかがでしたか?
    事務所の日本人スタッフを始め、先生方も丁寧に対応してくれました。

    ■講師の教え方や発音はどうでしたか?
    先生によって差異はありますが、私の担当であった先生はみなさん親身になって教えてくれました。
    また間違った発音もすぐに直してくれます。

    ■学校での一番の思い出はなんですか?
    他留学生(日本人以外)との日々の交流。

    ■フィリピン留学で一番大変だったことはなんですか?
    分からないことを英語で説明されるため、間違って認識してしまうことがある時は大変でした。

    ■1か月のお小遣いはおいくらぐらいでしたか?
    3〜4万円くらいです。

    ■海外生活で得たものはなんですか?
    1人で行動する勇気と新たな人間関係。

    ■この学校はどうゆう方に向いていると思いますか?
    しっかり学びたい方、授業以外では日本語を使いたい方に向いていると思います。

    ■先輩からのアドバイスをお願いします。
    留学前に、単語や文法をマスターしておき、留学ではスピーキングを重視するほうが英語力が伸びると思います。
    知識ゼロの状態での留学は難しいものがあります。

  • 【TARGET】女性 TARGET5コース 3人部屋 8週間 体験談

    ■この都市を選んだ理由は?
    友達のすすめで

    ■その学校を選んだ理由は?
    マンツーマンの時間が多い

    ■出発前の英語力は?
    挨拶、自己紹介ができる程度

    ■出発前の不安点は?
    セブの治安の悪さ

    ■この学校はいかがでしたか?
    先生達が沢山いるので自分にあった先生を選べる
    スタッフの数が足りてなくて先生もスタッフもしょっちゅう辞めて入れ替わりが激しいと思った。

    ■講師の教え方や発音はどうでしたか?
    先生による。
    当たり外れはあるけど悪くはない。

    ■学校での一番の思い出はなんですか?
    沢山の外人の友達ができたこと。

    ■フィリピン留学で一番大変だったことはなんですか?
    学校の食事が本当に不味かった。なのでしょっちゅう外食していた。Wi-Fiがなかなか使えなかった。

    ■1か月のお小遣いはおいくらぐらいでしたか?
    五万くらい。

    ■海外生活で得たものはなんですか?
    日本の豊かさを改めて感じることができた。
    色んな国の文化に触れた。
    色んな国の友達ができた。

    ■この学校はどうゆう方に向いていると思いますか?
    あらゆる世代の方にあっているとは思いますが。
    日本人資本の学校なのでやはり日本人が多いのでどうしても日常も日本語を話しがち。
    思っていた以上に日本人同士でグループを作っている感じだった。
    なので本当に英語漬けの生活を求めるのであれば日本人資本以外の学校を選ぶべきです。

    ■先輩からのアドバイスをお願いします。
    先生達がよく言っていたのは日本人は英語を話すとなると声が小さく、ミスを恐れてなかなか話そうとしない、大人しいということです。
    せっかく英語を学びに海外まできたのに日本人同士でグループをつくり日本語を話して授業中以外は英語を話さないのでは日本で勉強するのと変わりありません。
    せっかく海外へ来たんですからここでしか出来ない英語で外国人たちと積極的にコミュニケーションをとり価値のある留学生活を過ごしてください。

  • 留学対体験談 -TARGET-

    ■学校名
    TARGET

    ■その都市を選んだ理由は?
    比較的治安が良いと書いてあったから

    ■その学校を選んだ理由は?
    初のフィリピン留学だったので安心安全面を第一に、プラス授業量

    ■出発前の英語力は?
    中学生以下

    ■出発前の不安点は?
    中学生以下の英語レベルで1ヶ月で伸びるのか

    ■この学校はいかがでしたか?
    100%日本人だったのが少し残念だったけど、サポートも充実していたし良かった

    ■講師の教え方や発音はどうでしたか?
    比較的綺麗な発音で聞き取りやすかったし、丁寧に根気よく発音訂正してくれてとても良かった

    ■学校での一番の思い出はなんですか?
    週末を使っての旅行が楽しかった

    ■フィリピン留学で一番大変だったことはなんですか?
    水が合わなかったのかシャンプーが合わなかったのか髪がゴワゴワして非常に気持ち悪かった

    ■1か月のお小遣いはおいくらぐらいでしたか?
    特に決めてなかった

    ■海外生活で得たものはなんですか?
    仲間。
    たった一ヶ月だったけど年齢も職業も違う人たちと出会えたこと

    ■英語力はどれぐらい伸びましたか?
    元が元なだけにペラペラとまではいかなかったけど英語が好きになった

    ■この学校はどのような方に向いていると思いますか?
    ガッツリやりたい人よりは楽しく遊びながら英語を学びたい人にお勧め

    ■先輩からのアドバイスをお願いします。
    とりあえずシャンプーリンス―は自分愛用のを持って行った方がいい。
    後は周りが日本人だらけでも学びにきたのなら恥ずかしがらず拙い英語でも頑張って喋ることをお勧めします